ネットには載せてない、小説を書き始めて半年くらいの、中編があるんだが

カテゴリー: すみっこ

それを今読んでいた。
すんごく下手くそで、今の俺とは関係の無いような文章を書いていて、物語もむりやりで、色々とあれなところがあるけれど、

とてもいいところもいくつかあった。そのいいところが、今の俺には生きていないような気がして辛く思った。

そのいいところってのは、何かこう荒削りで、パワフルなところなんだが、それを今の俺は持っているのかなって思った。

若さであり、生々しさ。
性的な生々しい表現とかではなく。

会話も洗練されてないんだけど、それがかえって自然な感じの、生な感じのリズムになっていて。今の俺では書かないような、溢れた感じがあって。

多分文学賞には出したことはあると思うけど、ネットには公開していない。で、俺の中でお蔵に入っているせいか、あの作品で達成したものが俺の肉になっていない気がする。かといって肉にするためにあの作品を書き直す、というのは良くない(書き直したいと感じたという意味)。

もう一度読んで、ちゃんと消化吸収して、今の作品と次の作品の血肉にするしかない。そうすれば成仏してくれる。

過去のすばらしいものへの憧憬、ノスタルジーかもしれない、実態のないものかもしれない、思いも、多分無くなる。