海と傷:読者の声


@jinon あっ、じのんさん、「海と傷」読ませていただきました!面白くて一気に読んじゃいました。ハルカさんが私より一回り年下なのにとても大人なので反省(?)して、でも大雅くんをクマって呼ぶのはハルカさんも父性を感じるところがあるのかなあと思ったり、あと食べ物が美味しそうです

kum_iさん: 2011/12/04 19:31 (twitter)

@jinon 海と傷、読み終わった。おもしろかった! 改定後の読了感を味わったあと改定前のも実は読んで見たんだけど、改定後のほうがはるかにいいと思いました。細かい感想はたくさんあるのでまた今度お会いした時に話したいですがほんとに良かったです。

mitchan0321さん: 2011/12/04 19:32 (twitter)

@jinon 昔はそれなりに小説読んでたんでw 面白い面白くないの基準はそれらをすべて包含してるから、多分かなりの水準行ってると思います。えらそーでほんとすいません。で、改定後ならこれは芥川賞、改定前なら直木賞なんですが、絶対改定後が良いと思いました!

mitchan0321さん: 2011/12/04 20:21 (twitter)

@jinon じのんさん、よみおわたよー。ハラハラドキドキしたー。大人ってキライだな、あたし。

mitsukey32さん: (twitter)

描写的なことは身近になさそうなことだけど、主人公たちの気持ちって現代のヒトの気持ちに似てる。

mitsukey32さん: (twitter)

ネタばれになりそうだけど大雅が、ためにためて爆発したのっていろんなヒトがあの爆発をもってると思う。

mitsukey32さん: (twitter)

なんか今のあたしにもかさなるような気がしてそういうヒトもいるんだとか安心したというかなんだろ、ふっきれた?そんな思いを抱きました。

mitsukey32さん: (twitter)

自分ではできない結末だから読んでスッキリした気持ちもあるけどなんとかならんのかーと思いました。

mitsukey32さん: (twitter)

読めて良かった。ありがとう。

mitsukey32さん: (twitter)

「海と傷」のハルカさん、どんな女性か想像すると、ちゃめさんで再現される

hase0831さん: 2011/12/11 16:00 (twitter)

大雅くんは、「揺るがない傍観者」で本当に「海」って感じがする。積極的に関わってくるわけではないけど、そこにどっしり「居る」し、どこかに行ってしまうことはないだろう、っていう安心感がある

hase0831さん: 2011/12/11 16:03 (twitter)

タイトルでナナちゃんを対比させてしまうけど、本当に彼女は「ふさがれない傷」で、生々しい傷口からいつも血を流していて、どこから触れても痛みがあって、もう誰も助けることはできなくて、手を出さずそばにいて治癒をじっと待つしかない痛々しさがある

hase0831さん: 2011/12/11 16:07 (twitter)

「海と傷」っていうのは、ぴったりなタイトルだと思った。伊織さんも傷を抱えてるし、描かれてない部分でハルカさんも川村も、みんな傷を持っているんだろうなと感じた。摩耶はナナちゃんとのことが一生消えない「傷」になるだろうし、傷があるからみんな強くなれる

hase0831さん: 2011/12/11 17:32 (twitter)

自分自身が「傷」であるナナちゃんは、だからこそつらい。他の登場人物たちは傷を治してみんな強くなっていくけど、彼女は自分が「傷」だから、ずっと血を流して生きるしかない

hase0831さん: 2011/12/11 17:34 (twitter)

だから大雅は海で、海は傷のそばにいて、治るのを一緒にじっと待ってくれる。それは大雅が傷であるけれど、海でもあるからだと思う。ウィルだったらどうするか?と父親に置き換えて考えて行動しているけど、実は大雅の感覚は母性に近くて、そういう意味でも「母なる海」。

hase0831さん: 2011/12/11 17:41 (twitter)

菜々子ちゃんはどうなるのが一番幸せだったんだろうなって考えてる

hase0831さん: 2011/12/11 19:08 (twitter)

否定的な意見じゃなく、「わたしは誰からも必要とされてない」って思ってる女の子が実際にほんとに誰からも必要とされてなかった、誰の「いちばん」でもなかった、って描ききれる残酷さが清々しかったな、と思った。そういうの好き。

hase0831さん: 2011/12/11 23:20 (twitter)

@jinon 「海と傷」読了しました。最初からあった、なにかこう寂しい空気はあのように結実するのですね。上手く言えないですが、それなりに何かが残りました。ありがとうございました。

Quanteleさん: 2011/12/21 22:17 (twitter)

「海と傷」作品ページへ